初心者が知って役立つパソコン情報
パソコン初心者やそれなりに使っている人でも意外と知らない情報をお届け!Windowsの話がメインです。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の身は自分で守る・ソフト編
今日はセキュリティーソフトの紹介をします。

今、ちゃんとセキュリティーソフトは入っていますか?
セキュリティーソフトは万が一のときに、パソコンを守るために重要な働きをします。

素人がコンピュータについて知っていることなんてほんのわずかです。
そのわずかな知識でも重大な脅威について対処できるようにするのがセキュリティーソフトなのです。

ところが!
意外と期限が切れているのに放置している人が多いです(私の周りだけでしょうか?)。
これだは最新のウイルスには対処できません。
ウイルスは進化していきます。

また、ウイルスソフトだけ入れて安心する方もいるようですが、ファイアーウォールやスパイウェア対策も必要です。

何それ?という方もいることでしょう。
ここで簡単な補足説明。

ウイルスやスパイウェアは定義は難しいと思いますが、一般的にパソコンの状態を不安定にさせたり、データを破壊したり、情報を漏洩させたりするものです。
これらの進入を阻止したり、侵入してしまったら駆除したりする必要があります。
またウイルスとスパイウェアは別物なのでそれぞれの対策をしなければなりません。
ファイアーウォールとは外部からの不正アクセスをシャットアウトしたりしてくれるものです。
こちらもウイルスとは別の対策をとらなくてはなりません。
また、WindowsXPのSP2からは、Windowsファイアーウォールが搭載されていますが、若干機能は弱いようです。

何もわからないうちは、総合的にパソコンを守ってくれるソフトがいいです。
最近の総合セキュリティーソフトは、ウイルスソフトやスパイウェアソフト、ファイアーウォール、フィッシング詐欺対策・・・など多彩な機能を搭載しています。
ウイルスソフトだけとかファイアーウォールだけ・・・と言ったものもありますが、ばらばらに全部を買うと高くなってしまいます。

今、日本では三社が有力なメーカーです。
「シマンテック」「トレンドマイクロ」「マカフィー」です。
そしてそれぞれ「ノートン」「ウイルスバスター」「マカフィー」というセキュリティーソフトを販売しています。

ダウンロード版は少しインストール方法が難しいようです。
そのかわり安いです。
また回線速度が遅い方はパッケージ版をおすすめします。
パッケージ版とは通常店頭で並んでいる商品を購入することです。

ウイルスバスター:
こちらは私のおすすめソフトです。
なぜならば、販売形態が最もわかりやすく、更新料も手ごろだからです。
そして操作が非常に簡単です。
初めてのセキュリティーソフトなら断然おすすめです。

ダウンロード版 5250円


パッケージ版 5580円
ウイルスバスター2006 インターネット セキュリティ 1ユーザ ウイルスバスタ-2006-W[ウイルスバスタ2006W]【J:4988752012655-9-2461】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】

Vectorではダウンロード版を4620円で販売してます。
Vectorの説明はこちら


ノートン:
販売形態は少し複雑です。
機能ごとに色々なパッケージが販売されています。
しかしそれは多くのニーズに答える、ということにもなります。
機能はすばらしいです。

ダウンロード版 5775円




マカフィー:
三大ソフトの中でウイルス検知力が一番高いと言われます。
しかし操作が難しいようです。
私は使ったことがありません。
こちらもノートンと似た販売形態を取っています。

マカフィー・インターネットセキュリティスイート ダウンロード版 5775円



パッケージ版 6596円(優待版) 9714円(通常版)
マカフィー・ストア
注:優待版は他社ウイルス対策ソフトをお使いの方などの条件が必要です。よく注意して購入してください。

スポンサーサイト
自分の身は自分で守る・詐欺編
だんだんパソコンにも慣れてきたある日・・・
詐欺に引っかかりました・・・

なんてことがないように、このような詐欺から自分の身を守る方法を紹介したいと思います。


フィッシング詐欺:
個人情報を入力する際、何にも気にせず入力してはいませんか?
ちょっとアドレスバーを見てみましょう。
普通のサイトの場合、http://~という風になっていると思います。
ところが個人情報を入力するページを開いているときには、https://~といった風になっていると思います。

え?何が違うの?
ただsが付いてるだけじゃん・・・

なんて思わないで下さい。
これが結構詐欺を見分ける手段となるのです。

https://~と書いてあるページは、セキュリティーによって守られてますよ・・・という意味なのです。
普通このようなページは素人には作りにくいようにできているのが常です。
すると必然的に詐欺サイトでの個人情報入力ページはhttp://~で作られていることが多くなるのです。

以前、私がバイト探しのためにwebで求人情報を探していたところ、なかなかいいバイトを発見することが出来ました。
登録してみようかな?と思って登録フォームを開いてみると、http://~のページが開かれてそこに住所などを書き込むようになってたのです。
怪しい・・・
そう思った私は早速Google検索・・・
するとそこは高額で商品を売りつける会社であることが判明!
意外とこの知識は役に立つなぁ・・・と実感しました。

ただしhttps://~となるのは大体、電話番号くらいの個人情報からだと思います。
メールアドレスの登録くらいであればhttp://~であるところが多いと思います。

それとhttps://~だから絶対詐欺サイトではないというわけではありませんので注意してください。
あくまで参考です。
怪しい・・・と思ったらGoogleで検索してみて下さい。
Googleって何?という方はこちら



ワンクリック詐欺&架空請求:
こちらは少し古い手法かもしれませんが、多分まだ存在すると思いますので・・・
ニュースでも幾度もなく紹介された有名な詐欺です。
まず絶対に無視して下さい。
法律上、料金を請求するときには確認が必要なようです。
クリックした後に確認無しで課金・・・というのはこちらには全く非がないとされるようです。
もし、今不安だ・・・という方は消費者センターに相談してみてはいかがでしょう?
専門家の話を聞けば安心できるかもしれません。



詐欺は様々な手法がありますから、万が一引っかかってしまったときは専門家へ相談することをすすめます。
弁護士は相談にもお金がかかると思いますので、町の消費者センターへ電話すれば親切に教えてくれることと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。