初心者が知って役立つパソコン情報
パソコン初心者やそれなりに使っている人でも意外と知らない情報をお届け!Windowsの話がメインです。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの選び方・ノート
ノートを選ぶ際には、デスクトップとまた一味違った見方で見ないといけません。


サイズ:
まず、そのノートPCを持ち歩くかどうかです。
持ち歩くのであれば、それに見合ったサイズを選ぶとよいでしょう。
おすすめはB5サイズです。
パソコンはB5サイズといっても、紙のB5より大きいです。
私はA4を使っていますが、結構重いです(重さ2.8Kg)。 
A4がある程度自由に持ち運ぶ限界くらいだと思います。

サイズが決まったら保護ケースを買うとよいでしょう。
通勤ラッシュに巻き込まれたら・・・と考えると安いものです。
とは言っても過信は出来ませんが。
あとかばんに入るぎりぎりの大きさのパソコンを買うと保護ケースにいれられないという事態になるので、入れるかばんも購入時に持って行くとよいでしょう。


バッテリー:
次は、バッテリーの継続時間です。
バッテリーで動かさないという人は気にしなくても大丈夫ですが、持ち歩くからには使うこともあるでしょう。
パソコンは基本的に電気の消費が大きいものなので、継続時間は本当に短いものです。
3時間であればまあまあ。
5時間であれば優秀な方だと思います。
見る限り1.5時間と言うのを多く見る気がしますが・・・
カタログのスペック表にのっているので確認して下さい。
電池は劣化しますので参考程度に。


CPU:
CoreDuo(Soloもある)→PentiumM→CeleronM
高性能-------------------------→安価

CoreDuoは最新CPUなのでなかなか高いです。
ですが、かなり秀逸かと。
TDPはCoreDuo>PentiumMですが、実際の消費電力はCoreDuo<PentiumMというデータを見たことがあります。
チップセットでの省電力化が進んでいるためだそうです。


その他:
デスクトップでは自由にキーボードやマウスを代えられますが、ノートに付いているキーボードやトラックポイントは代えられませんので、最初によく選んで下さい。


付属ソフト:
あとデスクトップの項で書き忘れたので一緒に書きますが、Microsoft office(マイクロソフトオフィス)が付属しているかということです。
使わないという人は無しのものを買った方が安く買えます。
また、フリーのソフトでOpenOffice.org(オープンオフィス)というある程度Microsoft officeと互換性のあるソフトもあります。
重たいソフトですが、フリーにしてすばらしい出来のソフトだと思います。
しかし完全な互換性はないので、一家に一台はMicrosoft officeが入っているパソコンを置いておくことをおすすめします。
それだけ広く使われているソフトです。

もうひとつ注意することは、ProfessionalとPersonalでの重要な相違点です。
Microsoft officeには2バージョンあるのですが、PersonalにはPowerPointが入っていないのです。
ビジネスユーザーや大学生がプレゼンをやるときにPowerPointが必要になることもあると思いますので、ここも注意して見て下さい。

後でソフトだけを購入することも出来ますが、これは非常におすすめできません
値段を見てください。
驚きます。
一応バラバラに(PowerPointだけとか)も買うことが出来ます。


自作パソコンについて:
ノートは自作するメリットは非常に少ないと感じます。
自作したときの値段はメーカー製より格段に高くなりますし、デスクトップのように自由にスペックアップは出来ないからです(スペース等の問題により)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pccom.blog54.fc2.com/tb.php/10-0355b0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。