初心者が知って役立つパソコン情報
パソコン初心者やそれなりに使っている人でも意外と知らない情報をお届け!Windowsの話がメインです。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キーボードの基本中の基本
キーボードを打つ際にどのような打ち方をしていますか?
最初のうちは両手人差し指でアルファベットを探しながら、打っていることかと思います。
そしてだんだん慣れてくると指の使う本数が増えてくるのではないでしょうか?

今日は今までの打ち方を変えて、もう少し速く打てるようになる基本の話をします。

まず、タイピングはローマ字入力でやることがほとんどです。
なぜならば、日本語のひらがなは多すぎて打ちにくいからです。
まずローマ字を覚えることからスタートします。

まず基本の形を説明します。
右手一指し指はJ、左手人差し指をFのキーに置きます。
そして一つのキーに一つの指を乗せる形で、右手小指は;、左手小指はAのキーの上に乗せます。
これが基本の形で、"ホームポジション"言います。

JとFのキーをよく見てください。
ボコっとした目印が付いているのがわかりますか?
これはホームポジションの位置が指の感覚でわかるように付いているのです。

では次にどこのキーをどの指で押すのかの説明です。
基本はホームポジションのキーと、そのキーの左上と右下です。
つまり、左手小指はZ,A,Q及び1担当です。
左手薬指はX,S,W及び2の担当です。
右手も同様に人差し指はU,J,M及び7の担当です。
右手には記号がいくつかありますが、それも全てその位置にある指の担当です。

あれ?
そうするとFとJの中心にあるGとHの担当がないんじゃないか?
実はGの列のB,G,T及び5は左手一指し指担当です。
Hの列のN,H,Y及び6は右手人差し指の担当です。
人差し指は器用ですからそれで事足りるのです。

親指はスペースキーを担当します。

その他両手小指より外側のキーは小指が担当します。
外側のキーはEnter以外必要頻度が他のキーに比べて低いので、何とかなります。
Enterはサイズが大きいので感覚が掴みやすいようになっています。
Backspaceは割と慣れが必要かも知れないです。

これでキーの指配置とキー配置を覚えましょう。
特に母音であるA,I,U,E,Oの位置は完璧にしておきましょう。
最初は打ちにくいと思いますが、これが上達への道です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
文書処理能力検定試験
文書処理能力検定試験とは、ワープロソフトを使い、入力速度やさまざまな機能の活用度レベルを問う試験 http://sympathizer.ellingtonrecords.com/
2008/08/31(日) 15:19:06 | URL | 名無し #-[ 編集]
パーソナルコンピュータ利用技術認定試験
パーソナルコンピュータ利用技術認定試験(通称PAT認定試験)は、(社)パーソナルコンピュータユーザー利用技術協会(通称PCUA)が主催の資格試験で、3級、2級、準1級、1級の4レベルがある http://qualified.stepuptechnologies.com/
2008/11/06(木) 00:52:22 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pccom.blog54.fc2.com/tb.php/27-05824340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。