初心者が知って役立つパソコン情報
パソコン初心者やそれなりに使っている人でも意外と知らない情報をお届け!Windowsの話がメインです。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作パソコンについて
今日から自作パソコンを作るときの話をしたいと思います。
と言ってもかなり個人的な見解となりますので、あくまで参考にしていただけたら幸いです。

まず、パソコンを欲しいと思ってそれを自作で組み上げてみようと決心します。
そうしたら手元に自作用の書籍があると便利です。
パーツの役割や機能を簡単にある程度判断するためには本の方がまとまっていてわかりやすいと思います。
本はなるべく最新のものの方がいいです。
そうすることで最新のパーツ事情がわかります。
自作パソコンはパーツを知らなければ話になりません。

書籍には参考としてのパーツリストとその組み立て方が書いてありますので、それで組み立てれば簡単に出来上がりますがそれでは面白くありません。
ですので、自分はパソコンで何がしたいのかを考えます。
そうしたらその性能に特化させたパーツを組み合わせて組み上げるのです。

初めて自作パソコンをするときに必要なパーツは、大体次のパーツです。


・マザーボード
パソコンの核となる電子板。
ここにパーツを差し込んでいったり、接続したりしていく。
マザーボードによって搭載できるCPUの種類が変わったり、ハードディスクとの接続方法が変わったりする。
また使える機能にも大きな差がある。
超重要パーツ。
サイズにも数種類ある。

・CPU
計算処理をする部分でここが強ければ処理は速くなる。

・メモリ
一時的にデータを置いておく場所。

・グラフィックボード
描写を担当するパーツ。
マザーボードにあらかじめ搭載されていなければ取り付ける必要がある。

・ハードディスク
大容量保存媒体

・ドライブ類
フロッピーやDVDなど使いたいメディアによって選択する。
現在は最低限CDドライブは絶対必要。

・電源ユニット
各パーツに電気を供給するパーツ。
出力が不足すると動作が不安定になる。

・PCケース
上記のパーツを納める箱。
これによって全体の冷却性能が変わる。
ファンを取り付けて中の空気を入れ替えるようにする。
パソコンは熱に弱いので上手く熱を逃がしてやる必要がある。
また、電源ユニットが付属しているケースもあって、そちらの方が安い。
マザーボードのサイズも考慮に入れないと乗らない可能性もある。

・ディスプレイ
画面がないと使えない。

・キーボード&マウス
キーボードは必須。
普通に使うならマウスも必須。


このようなパーツで構成されています。
これらのパーツを組み合わせて作っていくのですが、種類がとても多く初心者にはわかりづらいかも知れません。
ですので自分の欲しい機能を持ったパーツのなかで最も安いものを探して、そのパーツの評価を調べてみるのもいいかも知れません。
また、パーツ情報を調べるのにはパソコンショップへ行くことが大切です。
無料の雑誌が置いてあったりしますので、どんなパーツが欲しいのかしっかり吟味して下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
熱気球操縦技能証明
熱気球操縦技能証明とは、熱気球の操縦士が的確に気象状況を判断でき、確かな飛行技術を持っていることを認定する資格 http://vidoc.ellingtonrecords.com/
2008/10/30(木) 04:58:22 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pccom.blog54.fc2.com/tb.php/31-2695897f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。