初心者が知って役立つパソコン情報
パソコン初心者やそれなりに使っている人でも意外と知らない情報をお届け!Windowsの話がメインです。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自作パソコンについて(2)
昨日はパソコンが構成されている最低限のパーツを紹介しました。
今日は実際の選び方の個人的意見を紹介します。

まずマザーボードです。
マザーボードには乗せることのできるCPUの種類はあらかじめ決まっています。
それはマザーボードに搭載されているチップセットの種類によって変わります。
マザーボードの種類は多いですがチップセットの種類はそこまで多くはありません。
自分の乗せたいCPUによって選んで下さい。
最初に買う場合はグラフィックチップがマザーボードに搭載されているものを買うと安く仕上がります。
グラフィックチップが搭載されているとグラフィックボードを別途買う必要がなくなるからです。
ただし、3D描写を頻繁にする場合は性能のよいグラフィックボードを入れる必要があります。

メモリは多めに積むといいと思います。
メモリは意外と多く消費しているので、メーカー製のパソコンより多めがいいのではないかと私は思います。
最近のCPUはFSBが高いので、性能を引き出すためにはメモリは基本的に二枚差しです。

ハードディスクはデータ保存用とOS用を分けるか、もしくはパーティションで分けるとトラブルの際便利です。
容量が大きいものは割合的に高いので、大体中間のクラスが最も割合的に安いと思います。
RAIDはまだ使ったことがありません。

ドライブ類は最近値段がグッと落ちているので手軽に買うことができます。
ブルーレイはまだ手は出さない方が無難だと思います・・・

ケースはあまり小さいものを選ぶと熱がこもりやすく、高発熱のCPUを搭載すると危険です。
ある程度のサイズが組み立てやすく、排熱も上手く行きます。

電源ユニットは~のCPU対応とか書いてありますので、それを参考にしてはいかがでしょう?

ディスプレイは中古だとかなり安く手に入りますが、保障が微妙なので一流メーカーのもの意外はおすすめしません。
私は一流メーカーの中古でしたが、今も元気です。

キーボードは実際のタッチが気に入ってから買う方がいいです。
キーボードやマウスは値段に差が大きいですが(大体十倍くらい差がある)しっかりとしたメーカーのものであればしっかり動いてくれます。

初心者には難しい言葉が多くて、少し勉強した人にとっては全く物足りない内容ですが、初心者の人が、自作ってこんなもんなのかと思ってくれれば幸いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
土地家屋調査士
土地家屋調査士とは、顧客からの依頼を受け、不動産の表示に関する登記に必要な土地や家屋の調査、測量、申請手続きなどを行うための国家資格(管轄は法務省) http://lawful.stepuptechnologies.com/
2008/08/27(水) 09:07:14 | URL | 名無し #-[ 編集]
こんにゃくでダイエットに挑む
こんにゃく100g中には、カルシウム/43mg、カリウム/60mg、食物繊維/2.2mgがふくまれます http://hackette.crosstudio.net/
2008/10/28(火) 06:56:30 | URL | 名無し #-[ 編集]
ヒドロキシル基でダイエットを考える
ヒドロキシル基(hydroxygroup)は水酸基(すいさんき)とも呼ばれます http://dairymaid.crosstudio.net/
2008/10/28(火) 22:47:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pccom.blog54.fc2.com/tb.php/32-37af429e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。