初心者が知って役立つパソコン情報
パソコン初心者やそれなりに使っている人でも意外と知らない情報をお届け!Windowsの話がメインです。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの選び方・メーカー製のデスクトップ
パソコンを持っていない人、買い換えようと思っている人。
今日からしばらくパソコンの見方を書いていこうと思います。
とても一回で語れませんので。
今回は簡単にデスクトップの見方を紹介します。

最初にはっきり言います。
目的や用途がはっきりと決まっていないなら、最新パソコンは買うべきではありません。
なぜならば、ずばり高いからです。
最新パソコンはスペック以上に"新しい"ということで値段がつり上がっているように思われます。

では何を見てパソコンを選べばいいのか?
と、その前にパソコンの買い方には以下の種類があると思います。


1.メーカー製のパソコン
最も一般的ですね。
各社がしのぎを削って最新パソコンの販売合戦を繰り広げています。
今回のメインテーマ。
メリット:サポートが充実、すぐ使える、サイズが最適化されている
デメリット:自由度がない、正直いらないものがたくさん入っている


2.自作パソコン
パーツから自分で組み上げる。
パソコン好きは自作が多かったり・・・
ちなみに私も自作です。
自作はマニア向けとか思われがちかもしれませんが、実際作ると簡単です。
興味がある人は是非チャレンジして下さい。
ただ注意しなければいけないことも多々あるので、自作の詳しい話は別に話します。
今日はパソコンの選び方なので・・・
メリット:自分の自由に組み上げられる
デメリット:サポートがあまり受けられない、全て自分で用意する


3.オリジナルパソコン
1と2の中間で、販売店がオリジナルブランドとして組み上げたパソコンもあります。
サポートも付いて、自作のように分解できるといったものもあります。
しかも安いのでおすすめです。
しかしこちらも自作と同じように考えないと思わぬミスをしたりしますので、別の機会に詳しく説明します。
メリット:サポート付きで安心
デメリット:中途半端ではある



ある特定のサービスを受けたいとか、ある特別な機能を使いたいとかがなければメーカーは気にすることはないと思います。
高いメーカーと安いメーカーには分かれがちですが・・・

テレビチューナーも実はパソコンに結構負担をかける作業なので、ちゃんとしたレコーダーを買ったほうがいいと思います。

あとデスクトップの場合、確保できるスペースによってサイズも決めなければなりません。

そして一番の問題はスペックです。
自分が何をやりたいのかをはっきりさせ、無駄にスペックの高いものはやめましょう。
スペックの簡単な見方は事項の"パソコンの選び方・スペックを見る"で紹介します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。